Sakurakoのフランス語勉強部屋

「il n'aurait pas aimé la cérémonie」 ってどんな意味?条件法なの?

2021/09/14
フラ単語 0
IMG20200830151745ad.jpg
アンヴァリッド




「Jean-Paul Belmondo」 本人からすると追悼式は?条件法の使い方



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

■合わせて読みたい

フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランス語のリスニングでつまずく?フランス語の聞き取り力を上げる方法
パリ留学ならCEBPの語学学校がおすすめ!プログラムの選び方詳しく解説




フランスのスター俳優のジャンポール・ベルモンドの追悼式がアンヴァリッドで9月9日にあり、コメントが相次いでいました。

近い関係にあった人の中には、フォーマルな国家による追悼式は、本人はとりおこなってほしくなかったのだ
ともいう人もいました。

しかし、本人は亡くなっています。

そのことを本人は、どう思うかは、あくまでも仮定です。

条件法過去を使いますね。



「il n'aurait certainement pas aimé la cérémonie」



追悼式のセレモニーはとり行われましたので、現在ではなく過去のことです。

ですので、条件法現在ではなく、条件法過去になります。

ニュースには、
●Hommage à Jean-Paul Belmondo : pourquoi il n'aurait certainement pas aimé la cérémonie
とありました。

訳は、ジャンポールベルモンドの追悼式、何故彼が多分にセレモニーを好まなかったという理由

否定形で、
il n'aurait certainement pas aimé
とあります。

亡くなったジャンポールベルモンドは言葉がりませんので、コメントする人は憶測で言います。

ただ、映画の共演者ともなると、ジャンポールベルモンドの嗜好を知っているので、憶測ができるというのがあるようです。


今回のは、映画Le Magnifique 「おかしなおかしな大冒険」の共演者、

ジャックリーン・ビセットです。

あまりフォーマルなことは好きでなかったと、この追悼式の執り行にはジャックリーン・ビセット以外からもコメントがありました。

とは言え、国で執り行うと決めて、あまりお気楽な追悼式というのも想像し難いですよね。

追悼式は行われました。
これは事実です。
もし、家族が絶対にしてほしくない、という場合は、現在ですので、

Sa famille n'aimerait certainement pas la cérémonie pour lui.
家族は、そのような追悼式はどうも望んでいないようだ。

となります。


条件法現在も、条件法過去も、ニュースでよくでるフレーズですが、
また聞きです。

また聞き、つまり自分で直接聞いたことではないので、○○なようだ、という言い方になります。
それが条件法です。

https://www.cinenews.be/fr/cinema/actualites/152133/les-10-meilleurs-films-de-belmondo/
という映画サイトで、ベルモンドの作品トップ10が掲載されています。

そのうち5つは、

1. Le Magnifique
2. Le Professionnel
3. Pierrot Le Fou
4. Cent Mille Dollars au soleil
5. Le Cerveau

となっています。
ジャックリーン・ビセットと共演の映画が1位となっていますので、人気が高かったようですね。



では、では、


以上で~す。

また(^^♪ à la prochaine.


アンサンブルアンフランセで体験レッスンをしてみたい方は➡こちらから、無料レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。



フランス語独学サイトのアンサンブルアンフランセ!ビデオ講座の口コミ
フランス語のオンラインレッスンの口コミ!失敗しないスクールの選び方
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語