Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「bien」 の使い方は?バリエーションが沢山

2021/02/12
フラ単語 0
IMG_20190529_012058.jpg



フランス語の「Bien」 の使い方



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

■合わせて読みたい

フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランスへの移住の準備の仕方!目的別の滞在許可で生活事情の違いを解説
【必見】フランス語の試験TEFとは?滞在許可証入手にはどの試験がいいの?
ビジネスフランス語が話せると就職できる?資格はどれが必要?




フランス語で「bien 」
という言い方、

ありますね。

Bienには、形容詞と副詞があり、
どちらも良く使われます。


例を見てみましょう。


「Bien」 の使い方




まず、副詞の使い方からですが、

「aimer」という、愛している
の意味の動詞があります。

どきっとする動詞ですね。

愛する、愛される、は基本的な
ことですが、好きな人に愛されるか
そうでないかで、人生が変わるというのも
現実な気がします😊

この愛するを使って、

Je t'aime

Je t'aime bien

Bien を最後につけるとか、つけないかで
意味は大きく違います。

Bienをつけた方が、もっと沢山好きなのかと
おもいますが、
愛するにかんしては、
つけないと、男女関係で
愛している、
になり、
Bienをつけると、
好意をもった好きになります。


この表現について、動画で説明されています。



【アンサンブルアンフランセのRémy先生による説明】




説明は、8分30秒くらいからあります。

『副詞としての使い方』
J'aime bien aller au cinéma
映画を見に行くのが好きだ。

Je me sens bien avec lui
彼と一緒にいると落ち着く

などと言えます。

Il parle très bien japonais.
彼は日本語を凄く上手く話す。

『形容詞としての使い方』

Ce maire est bien
この市長はいい人だ。

Ce filme est bien
この映画はいい映画だ。

など、自分の判断で、良く思うことも伝えられます。

Ca fait du bien
Ca a l'air bien

これらも良く使う表現です。


Bienの使い方は、Bonとの違いについて
Rémy先生が詳しく説明されていますので、
動画を参照してください。



では、では、


以上で~す。

また明日(^^♪ à demain.


★アンサンブルアンフランセでは、いろいろな表現が勉強できます。

オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

スカイプレッスンで色々質問して単語を増やしましょう。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。


フランス語のオンラインおすすめサイト!私の選んだサイトはここ

アンサンブルアンフランセのAdrien講師は?パリと音楽に詳しい先生
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語