Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「Canicule」 ってどんな意味なの?「les grands départs」は?

2021/07/03
フラ単語 0
parisstarts24.jpg



フランス語の「Canicule」 ってどんな意味?




Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

■合わせて読みたい

フランス語の「de toute facon 」はどういう意味 ?どっちにしろやらないとどうなる?
フランス語の「tant bien que mal」ってどういう意味?どうにかこうにかの使い方
フランス語のリスニングでつまずく?フランス語の聞き取り力を上げる方法




フランス語で「Canicule」という言い方があります。
夏になると良くききますね。

フランスは夏休みに突入し、今日と明日はバカンスの移動週です。

駅もごった返しています。

夏は暑いのは当たり前で、じわじわとした暑さがやってきます。

暑いにはChaleur などもあります。

では、すごく暑いや、ほどほどに暑い、また猛暑や、湿気があるなど、
どんな言い方があるのでしょうか。

まとめて見てみましょう。

「Canicule」




「la canicule」カニキュルは
まさしく、猛暑のことです。

フランスでも夏に猛暑になる日が何日かあります。
連日40度を超えることもあり、そんな時は、この canicule がぴったりです。
ニュースではこの言い方が使われます。

ただ、暑い状態ではなく、自分自身がすごく暑い時には、
「Quelle chaleur !」ということが多いですね。
なんという暑さだ、という意味ですね。

それとは別に、蒸し暑いというのもあります。
日本の夏は、湿気が多く、そして暑いです。


【アンサンブルアンフランセのRémy先生の説明】



先生の説明にもありますが、「暑い」と「蒸し暑い」という言い方をして、日本の夏の暑さを説明されています。


そのほかには、

湿気についは、
蒸し暑いを、「humide」

●il fait trop humide.
湿気が多すぎる、湿度が高すぎる。

●un coup de chaleur
熱中症

【アンサンブルアンフランセのCyril先生の説明】


熱中症になると大変です。
済分補給はわすれないでしたいものです。

暑さについては、色々ないい方がありますが、
天気の、猛暑や、暑くて仕方がない、など以外で、
torrideという言い方があります。
これは、
il fait trop humide.のようには使わないで、
l'été torride
のように、ねっとりとした夏など、特別な暑さがあります。

マルギュリット・ドゥラスの、「L'amant 愛人」
のような小説の状況には、このTorrideがぴったりですね。

暑いにも色々な言い方がありますね。


「les grands départs」



今週末が7月の最初の週末です。


●Départs en vacances d'été : un premier week-end de juillet chargé sur les routes de France
夏のバカンス出発、7月最初の週末、フランスの道路は渋滞。

chargé とありますので、今年も昨日からバカンスにお出かけした人達がいるようです。
SNCFの駅にもバカンス客が沢山のようです。

les grands départs
は大きな出発で、
沢山の人が、電車や車で出かけ、移動の時の言い方です。

カフェで飲む
un petit café
とは対照的ですね。

暑いときにはニュースで、Chaleurよりは、Caniculeがよく使われますので、覚えておくといいです。


以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.


オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


不明点があればスカイプレッスンでクリアにできます。


入会金約10800円の免除方法も書いています。


フランス語のブラッシュアップ😊
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語