Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「条件法」の勉強法は?ニュースでよく使う表現はどんな?

2020/10/19
フランス語学習 0
FRAMCAIS6.jpg


Sakurakoのフランス語勉強部屋は【フランスからのアンフォ】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語
にほんブログ村


フランス語を習い始めて、中級にもなってくると、「条件法」がでてきます。

「非現実」な言い方ともいわれますが、きっちりと構文になっているなか、

当てはめて使う場合と、特定の言い方があります。

ニュースで言われる言い方もあります。

フランス文法には、以下の4つの法があり、



直説法、
条件法、
接続法、
命令法、

この4つのなかの1つが「条件法」です。

条件法は、定形で決まった言い方を覚えれば、うまく使えます。


条件法の勉強の仕方をご紹介します。

■合わせて読みたい

フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランス語が話せるようになるにはフランスへ行かないと?
フランス語の「接続法」の使い道は?覚えたらどんなベネフィット?


フランス語の「条件法」の使われ方と勉強法




 
条件法についてですが、所謂、仮定表現があります。

もし○○だったら、△△だろう、
という、現在の現実でない仮定の言い方。

また、

もし○○であったなら、△△であっただろう、
という、過去の現実でない仮定の言い方。

の2つです。

仮定というのは、過去も現在も、
事実ではないことにたいして、

局面が違えば、違った結果だったということになりますね。



例を見てみましょう。

現在➡もし、あと30歳若ければ、マラソン大会に出場しているだろう。
過去➡もし、300年前にスペインがアメリカ大陸を発見していなかったら、インカ文明は消滅されていなかっただろう。

などといえます。

どちらも、現在と過去も、
30歳わかくなることはなく、
スペインがアメリカ大陸に行った事実は変えようがありません。

条件法は、非現実です。

AvoirとEtre、の活用の例です。
直説法の現在では、




【 Avoir 条件法現在 】

j'aurais
tu aurais
il aurait
nous aurions
vous auriez
ils auraient





【 Etre 仮定法現在 】

je serais
tu serais
il serait
nous serions
vous seriez
ils seraient



これらは、現在形ですので、

定形文を使うとなると、

もし、導入文 + 条件法現在
になりますね。

1.●Si j'étais chômeur j'essaierais de me battre d'abord.
訳➡もし私が失業者であれば、先ずは格闘するだろう。

つまり、この人は失業者ではありません。

2.●S'il faisait beau, j'irais faire du vélo.
訳➡もし天気が良ければ、自転車で出かけるだろう。

つまり、今は天気が良くないということです。

3.●Si j'avais réussi le concours, je serais entré dans la fonction public.
訳➡もしコンクールに合格していたら、公務員になっていただろう。

1と2の導入文は、過去形を使い、現実とは違う状況を言っています。

3の例は、過去の状況で、状況が違っていたらという過去の仮定で、導入文は大過去を使い、
従属文は、条件法過去(serais entré)になります。



その他に、定形の言い方の例文を見てみましょう。

【アンサンブルアンフランセのMiwa先生の条件法と仮定の説明↓】





約50秒の部分に、

Ca te dirais de prendre un verre ce soir ?

今晩、一杯飲みに行かないか?
という意味です。

提案文の使い方で、

友人同士でも、このいい方はよく使いますので、覚えておいたら便利ですね。

また、紛らわしいのが、直説法未来との区別です。


直接的未来で、

On fera ça, quand tu sera libre.

Quand vous serez à Paris, nous irons voir nos anciens camarades de classe.

これらは、一見条件法に見えますが、単純に未来形なだけです。

「○○な時に」は、条件法ではないのは、

もし、私が美人だったら、や
もし、私が失業者だったら、
など、現在とは違った現実を言っておらず、
シンプルに、未来形なだけです。

アンサンブルアンフランセのビデオ講座の
文法61と62課で 条件法2で、詳しく解説されています。

ビデオ講座の説明が詳しいです。

では、ニュースの表現を見てみましょう。

ニュースで使われる条件法



条件法は、ニュースで頻繁に使われています。

ジャーナリストが実際の現場にはいなかった、しかし
報道で、○○と言われている。

自分の目で確認はしていないが、どうも○○は△△に行っていたようだ。

などの表現です。

行く、se rendre があります。


【本当に行った 】

Le chef de l'État, qui s'est rendu dans le collège de l'enseignant, affirme que ce dernier a été victime d'un « attentat terroriste islamiste caractérisé ».

➡これは、先日のイスラム原理主義の青年に教師が殺害された学校に、マクロさんが赴いた。
とあります。

【まだ事実として確認されていない】

これに対し、まだ赴いたかどうかがはっきりしない場合は、

Le chef de l'État, qui se serait rendu dans le collège de l'enseignant, affirme que ce dernier a été victime d'un « attentat terroriste islamiste caractérisé ».

どうも、マクロさんが赴いたようだ。
などと、いう時には、

se serait rendu

といい、ニュースではこの表現が多いですね。




例文を覚えると、使い回しが、体系的に理解できます。


【アンサンブルアンフランセのビデオ講座・条件法 】





文法中級と上級者セット (58課+61課)

文法58課 条件法1          収録時間(71分)
文法61課 条件法2          収録時間(79分)               



接続法は、2課に別れています。

ビデオ講座は、今サイトリニューアル価格となっています。

アンサンブルアンフランセのビデオ講座を視聴トライアル

リニューアル価格がいつまでかは、事務局にお問い合わせください。

無料視聴期間は2週間です。

条件法は特に、直説法未来と間違いやすいです。
みっちりと、現実と、非現実の状況を使い分けるようにしていきましょう。

また、その他に、

条件法の言い方で、

●On dirait que
○○のようだ、

という言い方があります。
これも、自分が直接見たわけではないので、
不確実なので、条件法を使った例です。

●Auriez vous l'heure ?
今何時でしょうか。
などは、丁寧に時間を聞くいい方です。

●Je voudrais un café.
コーヒーいっぱいお願いします。
も、丁寧な言い方です。

●Pourriez-vous ○○
○○して頂けませんか。
も、とても丁寧な言い方です。

丁寧な言い方をする場合は、これら3つを変形させると
ほとんど言えてしまいます。

活用は地道にやっていくしかありません。

頑張りましょう😊


【オンラインのビデオ学習】
フランス語独学ならこのサイトがオススメ!ビデオのカリキュラムで進むのが早道


アンサンブルフランセ13
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フランス語学習