Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「diminutif」 と愛称にはどんな意味があるの?モモという男の子

2021/10/05
フラ単語 0
tomodachi5.jpg


フランス語の「diminutif」はどういう意味 ?



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

■合わせて読みたい

国際結婚でお金がない状況とは?背景にはどんなことがあるのか
フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランス語のリスニングが難しい?リスニング力をつける教材と勉強法


フランス語で「diminutif」とたまに聞くことはないでしょうか。

意味は日本語の訳で、
指小辞(ししょうじ)
となっています。

意味がピンときませんが、
長い名前を短くした言い方を言います。

「モハメド」さんのことを「モモ」と
いったりとかです。

フランスのアラブ人経営のカフェで、店主を「モモ」と言っています。
そして、違うカフェでも、「モモ」なんですね。

なんでモモだらけ?

日本でなら、山田や田中、鈴木が多いですが。


「diminutif」




diminutifは
指小辞で、

モモさんの元々の名前は、

Mohamed
で、
"MOMO"になっています。

なので、モモとよく、聞くのですよね~。

その他に、フランス人の名前では、

Alexandre アレクサンドル、

Alexandra – アレクサンドラ

"ALEX"
アレックス

になっています。

あと、

CLEM
Clémentクレモン

Clémentine – クレモンティーヌ

"CLEM"
クレム
となっています。



「diminutif」 n


以上で~す。

では、では、

また♪ 



フランス語独学サイトのアンサンブルアンフランセ!ビデオ講座の口コミ
フランス語のオンラインスカイプレッスンでマンツーマンレッスンをしてみる
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語