Sakurakoのフランス語勉強部屋

「l'empaquetage de l'Arc de Triomphe」の意味は?凱旋門はいつもと違う?

2021/09/18
フラ単語 0
CHAPMPS20.jpg


「 l'empaquetage de l'Arc de Triomphe」 ってどんな意味?



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊


■合わせて読みたい

パリの物価は高いのか?渡仏前に知っておきたい消費税も含めた物価
パリに住むと生活費は1ヶ月いくらかかる?主要全項目を解説します!
フランス留学の費用ってどのくらい?1週間からでもできる短期留学は?
フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで




最近「l'empaquetage de l'Arc de Triomphe」といニュースがありました。


意味は覆うで、凱旋門が覆われいるという意味です。

何故覆うかは、あるアーティストのアイデアで、7月からこのおおう作業が行われてたのですが、昨日9月16日がお披露目の日でした。

「l'empaquetage de l'Arc de Triomphe」の意味は?




凱旋門のラッピングが行われたのは、芸術家クリストさんのプロジェクト案だったのです。

パリの「ポンヌフ」、ドイツの国会議事堂を布で包んだ作品で知らている芸術家で、去年亡くなった方です。

凱旋門を覆うものは、約2万5000平方メートル以上の布と3000メートルのロープと言われています。

ラッピングが完成しマクロンさんが開催式典に昨日出席したのでした。

実際に市民が凱旋門まで行けるのは18日からとなっています。



凱旋門は歴史的建造物ですので、それに布を被せるなど、もっての他という意見も勿論ありました。

費用もかかります。

しかし、プロジェクトには14万ユーロの費用がつぎ込まれていますが、全て故アーティストの作品を売り、予算は賄われたので費用面での批判はなかったのです。

それにしても、大きなプロジェクトですよね。
9月の最初には、まだこんな状態でしたので。

IMG20200831133550ad.jpg


18日以降は、実際に見れるようですので、シャンゼリゼ通りで写真が取れたら、またお届けします。
行きたい方は、10月3日までとなっています。


以上で~す。

では、では次回まで。


パリ・シャンゼリゼ通りのランチ!凱旋門~ホテルテラス席ご紹介

オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】
スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語