スポンサーリンク

Sakurakoのフランス語勉強部屋

アントルメと「Entremets au chocolat」 ってどんな意味があるの?

2021/12/05
フラ単語 0
IMG20201128150651ad.jpg
今年2021年のボンマルシェのクリスマスデコ





フランス語の「entremets 」の意味は



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

■合わせて読みたい


クリスマスが近づいてきました。
パリの街中もツリーが活気づいています。

夜になるとピカピカして綺麗ですが、日中でもデパートの中ではクリスマスデコレーションが綺麗です。

先日ボンマルシェというデパートに行ってきました。
ツリーが綺麗でした。

ところで、その帰りに、リュテシアというホテルのバーラウンジでケーキを食べてきました。

それが、アントルメでした。

「Entremets au chocolat」

アントルメのチョコレートケーキでしたが、もともと
Entremets はケーキではなく、
食事の料理と料理の間にでてくるものでした。

「Entremets 」の使い方



Entremets にsがあり、複数になっているのは
食事の間に、料理と料理の間に、
つまり、met が2つ以上あり、mets であったからです。

アントルメとしては、メインのお肉からデザートがでるまでに、野菜や、ミニデザートの形だったとあります。


デザートなら暖かいもので、オムレツなど、冷たいもので、プリンなどもあったようです。


しかし、3時間も続くランチもディナーも今の時代には通常はありません。

私もアントルメというのには出くわしたことはありません。
でもデザートならあります。

Entremetsという、デザートです。



「Entremets au chocolat 」のチョコレートケーキ



同じEntremets でも、1つの形になっていて、


Entremets au chocolatの
アントルメ・オ・ショコラです。

チョコレートケーキがアントルメというには、その1つが幾重かの層になっているからです。

スポンジ、サブレ、クリームなどがらできています。

重なりアントルメになっている

Entremets au chocolatでした。





同じくアントルメで、発音も一緒ですが、メインの後に出てくる「アントルメ」を食べる機会があればと思いますが、長時間かけて食べる習慣がフランスではすくなくなってきて需要もないようです。

いつかそんな機会があればと思っています。




以上で~す。

では、では、

また♪ 


フランスの伝統菓子16選!どの地方の焼き菓子が好き?
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.