Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語で「 エピファニー(公現祭)」はどういう意味?食べ物は何?

2020/12/21
フラ単語 0



フランス語で「 l'Épiphanie」という言い方,
年末になると聞くことがありますね。

エピファニー(公現祭)のことです。

公現祭には、お菓子を食べます。


どんなお菓子なのでしょうか。

風習も一緒に見てみましょう。


「l'Épiphanie 」の意味



エピファニーと発音し、公現祭の意味です。


「公現祭」(エピファニー:Epiphanie)には、ガレット・デ・ロワというお菓子を食べてお祝いをします。

1月6日が公現祭です。


ガレットデロワというお菓子は、


galette10.jpg


こんな形の、アーモンドプードルが入っているパイ生地のおかしです。



「エピファニー(公現祭)i 」について、
詳しく、動画で説明されています。



【アンサンブルアンフランセのAmanda先生による説明】





Amanda先生の説明で、

●En principe célébrée le 6 janvier, l'Epiphanie, tradition chrétienne, célèbre la bienvenue des Rois mages
depuis de lointaines contrées.

訳➡一般的に、エピファニーは1月6日にお祝いがあり、遠くの国からきた東方の3博士の到来をお祝いします。



3博士の発音がちょっと難しいですね。



この公現祭は王様の祝日で、3人の王様のことを、

Rois mages (ロワ・マージュ)と言って、日本語では、東方の3博士と言われています。

  • ガスパール Gaspard (将来の受難である死の象徴、老人の姿の賢者)

  • メルキオール Melchior (王権の象徴、青年の姿の賢者)

  • バルタザール Balthazar (神性の象徴、壮年の姿の賢者)


3人の王様が、普段の行いが良い子供に、
お菓子やキャンディーをあげるという風習があります。

詳しくは、動画でも説明されていますので、
ご参照ください。

お菓子の中には、フェーブという陶器が入っています。

galette11.jpg



ガレットの中に、フェーブをいれ焼と、どこに入っているかは、作った人もわかりません。

ならわしでは、食べる前に、テーブルついた一番小さな子どもがテーブルの下に隠れ、
誰がどのケーキを食べるのか決めます。

切り分けた、このフェーブが当たった人が、王冠を被り
王様になります。

また、南仏の方では、ガレットデロワは、アーモンドのパイ生地ではなく、王冠の形をした形です。


gelette9.jpg




風習がフランスの北と南では違いますね。


では、では、


以上で~す。

また明日(^^♪ à demain.


★アンサンブルアンフランセでは、いろいろな表現が勉強できます。

オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

スカイプレッスンで色々質問して単語を増やしましょう。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。


フランス語のオンライン講座3つを比較!あなたに適したサイトはどれ?

フランス語のオンラインおすすめサイト!私の選んだサイトはここ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語