Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「pigiste」ってどんな意味?ジャーナリストとは関係があるの?

2021/06/03
フラ単語 0
kokoko




フランス語の「pigiste」ってどんな意味?




Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊


■合わせて読みたい

フランス語の「allocation」 ってどんな意味なの?indemnité とはどう違うの?
フランス語の「arrêt maladie」ってどんな意味?マイノリティーのデモと関係あり?
フランス語の「congedier」 ってどういう意味? 解雇表現のバリエーション


フランス語の「pigiste」 ピジストという言い方があります。

男性名詞で、ジャーナリストや記事を書く人のことです。



【pigiste】



pigiste(ピジスト)は記事を書く人ですが、厳密にはジャーナリストとは違い、
テレビ局やラジオ局、雑誌社などのメディアで働く、
原稿を書く人のことです。


では、どちらもピジストとジャーナリスト、
両者は原稿を書く人です。

どう違うの?

については、

文章を書くというこという意味で、技術的にはジャーナリストなのですが、

待遇や労働条件でこのピジストは特別です。

仕事をしている会社との雇用形態によるということです。

ピジストとジャーナリストの仕事内容は、

●ピジスト(pigiste)は単価いくらの報酬で、1記事いくらとか、1文字いくらで支払われます。
 ですので、メディア何社へも記事を提供していることもあり、いわゆるフリーランスのジャーナリストです。

●ジャーナリスト(journaliste) は情報収集を行い、記事を書く人のことで、机にばかりいないで、現地へ出向き情報を発信する人をリポーター(reporter)といい、そのほかに、クロニカー(chroniquer)は専門の分野の記事を書く人をいい、これはらジャーナリストです。


ピジストとジャーナリストの違いが、ますます、はっきりませんね。😢

結局は、ピジストはジャーナリストでもあります。

ピジストは報酬の支払い面で区別されています。
しかし、カテゴリーではジャーナリストなのです。


「journaliste pigiste 」と言います。

元々このピジストは「pige」からきています。


Familier. Rémunération à l'article, au travail occasionnel, effectué par un journaliste, un rédacteur, un correcteur, etc. : Travailler à la pige ; le travail ainsi effectué : Faire des piges pour un éditeur.



引用先 ラルース辞典 https://www.larousse.fr/dictionnaires/francais/pige/60868



記事に対する対価とあります。
それで、Pigeの仕事をする人がPigisteということです。

ただPigisteは会社員ではないのです。

会社員であれば、雇用者の会社から雇用されており、会社員として上司との従属関係があり、
記事を書きます。

ところが、ピジストは、会社員のように固定給があるわけなはなく、報酬が記事量、文字数によるということです。

現在は、ピジストは、ジャーナリストの団体協定に属し、解雇があった場合には若干の解雇手当があるとなっています。
とはいえ、通常のCDI(無期限の労働雇用)ではないので、雇用が安定していないという問題があり、今の地方選挙選でピジストのストとなっているということです。

ピシストは、待遇面で優遇されないことが多く、


ではでは、また明日、
à demain


★アンサンブルアンフランセでは、いろいろな表現が勉強できます。

オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

スカイプレッスンで色々質問して単語を増やしましょう。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。

パリ留学ならCEBPの語学学校がおすすめ!プログラムの選び方詳しく解説



アンサンブルアンフランセのJohann先生のスカイプレッスンのレビューまとめ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語