Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語で官房長官は「le porte-parole」?衛生パスポート失効について

2021/11/13
フラ単語 0
parisstarts25.jpg


フランス語の「le porte-parole」と言えば



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

■Sakurako Web School

Sakurako Web School ニュースリスニングのコース




フランス語で官房長官は
le porte-parole

です。

9日にマクロン大統領から、Allocution(メッセージでも強制面がある発表)のメッセージがありました。

メッセージの中に、追加接種をしないと、衛生パスポートがとりあげられるというものがありました。

政府の官房長官がマクロンさんのAllocutionをまとめていました。




政府の「 le porte-parole」



le porte-paroleは官房長官です。
ポルトパロルといわれますが、

le porte-paroleですので、
政府の官房長官、
le porte-parole du gouvernement Gabriel Attal
からマクロンさんのメッセージの確認で言っていました。


●Le pass sanitaire des plus de 65 ans va être désactivé, en l'absence d'une dose de rappel, "six mois et cinq semaines" après la précédente injection, à partir du 15 décembre, a précisé mercredi le porte-parole du gouvernement Gabriel Attal.
訳➡65歳以上の人で、追加接種をしない人は12月15日以降は、衛生パスポートは機能しなくなる。

今から65歳以上の人は優先的に追加接種を受けられるので、それまで追加接種しない人の衛生パスポートのバーコードが機能しなくなるというものらしいです。

それで、このGabriel Attal.さんは、政府の官房長官です。

マクロンさんの所属はエリゼ宮ですので、エリゼ宮の官房長官がメッセージを伝え直すとおもいますよね。

でも、エリゼ宮の官房長官とはあまり耳にしないですよね。

マクロンさんが選出された年2017年にはエリゼ宮の官房長官がいましたが、
どういうわけは今は名前がありません。

ですので、いま官房長官といえば、政府の官房長官
le porte-parole du gouvernement

ということのようです。


では、では、
以上で~す。

また次回に。



Sakurako Web School ニュースリスニングのコース
フランス語のリスニングが難しい?リスニング力をつける教材と勉強法
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語