Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語のネスパは「ne s'est pas」 それとも「n'est ce pas」 ?どっちが正しい?

2021/06/29
間違いやすい 0
FRAMCAIS4.jpg



フランス語のネスパは「ne s'est pas」 それとも「n'est ce pas」 ?




Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊


■合わせて読みたい

フランスへの移住の準備の仕方!目的別の滞在許可で生活事情の違いを解説
【必見】フランス語の試験TEFとは?滞在許可証入手にはどの試験がいいの?
ビジネスフランス語が話せると就職できる?資格はどれが必要?





フランス語で「ネスパ」という言い方、よく聞きます。

「n'est ce pas」 と書き、意味は

○○でしょう。
○○ですよね。
と同調を求める言い方です。

聞き手がそう思っていなくても
だいたい、そう付け加えることで、
会話が円滑になります。

また、

「ne s'est pas」というのがあり、
ネスパに似ています。
発音すると、ヌセパ
で、

正直聴き取り難いです。

文が不完全です。


まとめてみてみましょう。

「n'est ce pas」 はどんな意味?




「n'est ce pas」意味は、○○ですよね、です。

「ce 」があるので、すでに話題があり、
何か、そのことを示すものがある、

○○ですよね。○○は、「ce 」です。



●Paris est une ville touristique, n'est ce pas
訳➡パリは観光都市です、そうですよね。

●Tu viendras, n'est-ce pas ?
訳➡君、来るよね?

口頭でよく使われます。

円滑材的で、誘った時には、有無を言わせずというよりも、
そうだよね~~、
行こうよ~~
など、背中を押す意味もあります。

あまり使い過ぎない程度には便利は言い方です。


「ne s'est pas」 はどんな意味?



それに対して、「ne s'est pas」 は不完全ですが、
ネスパに似ている表現です。

完全な文になると、

Ca ne s'est pas passé comme prévu
などがあります。

パズルを解いてみると、

ne s'est pas
のse と 先ほどの ce は発音が同じですが、

se は代名動詞で、
se の後にかならず動詞があります。

後ろにある動詞では、

se passer
se présenter

などがあり、

「ne s'est pas」は、

●Ca ne s'est pas passé comme prévu
想像していたように物事が進まなかった。
●Il ne s'est pas présenté comme prévu
彼は予定通りには来なかった。

などの、1部です。

「ne s'est pas」 と、「n'est ce pas」 は発音が似て聞こえますが、
意味は違います。

ディクテでひっかかりそうですね。


以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.


フランス語独学のオススメ本5選!これでコツコツやってみよう!
フランス語独学の期間は?ペラペラになるまでの目安と費用

Comments 0

There are no comments yet.
間違いやすい