Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の独学で伸びない?他人との比較はなぜするの?

2020/09/08
フランス語学習 0
tomodachi4.jpg

フランス語の独学を始めて「私って才能がないのか」とか、「私のフランス語は、最近伸びていると思わない」とか、
そう思うときはありますか?

あるある、ですよね~。


私は最近思うこともなくなりましたが、習い始めて1年から3年くらいの間はみんなが経験する境地だと思います。

その時に、「○○さんは、△△の試験にたった6ヶ月で合格したのに。。。」と、さらに他人と比較するってないでしょうか。
これも私もしました。

でも、比較も落ち込むこともしなくても大丈夫です。

みんな、それぞれのスタート地点って違っており、
ハンディキャップがあるスタート地点の人もいます。

私もハンディがありました。3歳から5歳の間に外国語に触れる機会がなく、フランス語は18歳から始めました。
それで、通訳学校にも行きましたが、そこには、慶応義塾大学の学生が多かったです。

そこで、普通なら、「慶応すごい」とか思うと思うのですが、私は、「私をすごい」と褒めました。
スタート地点でハンディがあったのに、フランス語の習得にスタート地点で有利な帰国子女と同レベルまでいったとおもいました。

落ち込まないで継続していけば、試験にも合格できて、就職もできます。

18歳からフランス語を始めて、40歳前にフランスに初めて来て、それからフランス語のビジネスフランス語の
「Diplôme Supérieur de Français des Affaires, CCIP, Paris 」の資格をとり、パリで企業で経理財務の責任者をしていました。

勿論あたり前に紆余曲折がありました。

伸びないと感じている方は、どのへんで、どのくらいできているか、そんな時の勉強方法をお話しできればと思います。
早速見てみましょう(^^♪

■合わせて読みたい

フランス語検定でDELFと仏検の違いは?留学と就職に有利なのは?
フランス語独学のオススメ本5選!これでコツコツやってみよう!
【必見】フランス語の試験TEFとは?滞在許可証入手にはどの試験がいいの?
アンサンブルアンフランセのYohann講師は?試験対策にオススメの先生




フランス語の独学で伸びない?比較はすべきでない





フランス語の独学で伸びない?



ペラペラになるまでに、やらないといけないことは沢山あります。

確かに、やるべきことは沢山ありますが、「やっているのに、なんで私は伸びないの?」って
どんな時に思うのでしょうか。

結構、こう思うときは、漠然とそう思っていないでしょうか?

そんな時は、分析が必要かなと思います。


* 読む、

* 話す、

* 聞く、

* 書く、


上の4つをみてみます。
どれも、それぞれ難しいです。
独学で上達し易い点と、そうでないものがあります。

* 読む、

読むは、最終的には、新聞とかになると思います。
新聞を読むには、幅広い知識が前もってないと、よんでも意味がわかりません。
文法が上級レベルにできても、社会背景がわかってないと、理解はかなり難しいです。
しかし、やっていけば分かるようになります。


* 話す、

話すは、短文のフランス語文を予め作っておいて、会話でいえるようにすれば、できます。
つまずいても、ゆっくりといえるように、機会がない場合は、壁に向かって言いましょう。
スマホで、自分の発音を録音してやっていけば、改善の余地おおありですので、独学でもできる部分が多いです。

* 聞く、

聞くも、ある程度、難しいです。
フランス人の友人との会話で、慣れている人なら、フレーズや、言い回し、単語も聞きなれていますので、聞き取りもできます。
しかし、すごくボキャブラリーが多い人の話しは理解が難しいです。
最初に書きました、新聞を読むのが難しいですと、いいましたが、読めないものは、聞いてもわかりません。



* 書く、

書くも、短い文章を書くことができれば、間違わないで、書けます。
フランス語で書きますので、母国語の日本語のように、流ちょうにはかけなくても、
文法上、間違わないでかければ良いですね。


ここまでのまとめは、
流ちょうな言い方ができなくても、間違わないでできるのが、書く、と話すです。

流ちょうどころか、難しいのは、
相手のボキャブラリーが関係する、聞くと、読むが難しいということかなと思います。

■合わせて読みたい

フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランス語が話せるようになるにはフランスへ行かないと?
フランス語の「接続法」の使い道は?覚えたらどんなベネフィット?





「○○さんができて、私はできない」の構図



自分が伸びないと思うだけではなく、「○○さんは、△△の試験にたった6ヶ月で合格したのに。。。」と思うのがなぜかですが、
これを分析してみましょう。

確かに、○○の試験に早く合格する人はいます。

このように合格するには、過去問の攻略をしっかりとしている場合です。
試験対策に慣れている人は、社会人になってからも、受験のパターン攻略ができている場合が多いです。

中学や高校時代に、試験であがる性格だったとか、試験に強いほうでなないと、社会人になってから試験をうけても
準備の仕方ができていないと、合格できにくいってあると思います。

しかし、○○の試験に合格したければ、過去問を鬼のように解くことができれば、合格もできます。
仏検も、delfも過去問集は2000円位で買えますので、それをひたすら、解いていくことです。

3か月なり、みっちりやって、試験を受けてみれば、合格もできます。

ただ、これらの試験に受かっても、先ほどの、読むと聞くが凄くうまくなっているかについては、そうでないでしょう。

理由は、試験に合格しても、まだ単語量がそう増えているわけでなないからです。

特に仏検は、日本の習慣をベースにした試験で、DELFやDALFの試験とは、内容も求めるもの違います。
また、フランスで就職するとなって、職場でうまくいくには、試験に合格したのがそう役に立つわけではなく、
「言い返せる」ボキャブラリーが必要になるかと感じます。

試験に合格するには、過去問の攻略ができれば、合格しやすいですが、それから、やらなければいけないことは、わんさかあります。

パリ旅行に試験に合格した友人と、一緒にパリ旅行に行って、その友人がフランス人に対して話せないというのに、試験に合格しなかった自分の方が、タイミングよく、ピンポンが上手く話しができるとか、そんなことはないでしょうか。


そのくらい、それぞれ、誰しも得意、不得意があります。
ですので、出来ない部分を補っていき、出来る部分をそのまま伸ばすやり方が良いと思います。

単語や言い回しの習得には時間がかかります。
あきらめないで、ゆっくりやっていきましょう。


【アンサンブルアンフランセの動画、MIWA先生の説明】

フランス語の習得で伸び悩みを感じている方の質問があります。
1分30秒位からです。



この動画のテーマは、伸びない人と、伸びる人の違いです。
MIWA先生が説明されていますが、皆だれしもこんな悩みがあると思いますが、

もし、悩んでいることがあれば、
非常に具体的に、「何」ができないのかを、明確にしてみるのが良いと思います。
その時に、できることも一緒に明確にしてみましょう。

そうすると、できることと、できないことは、半々位だと思います。
でも、私たちは、どうも「できない部分をクローズアップ」する癖がついている気がします。

ですので、そんな時は、分析をして、問題を明確にして、
その部分を攻略していけばいいと思います。

攻略には、単語量はものをいいますので、毎晩眠る前には声をだして
単語を覚えていきましょう。

頑張れば、いつか王道に乗れます。
私は王道もありませんでしたが、落ち込むことをしなくなりました。

なんで、落ち込まないようになったかは覚えていないのですが、
落ち込むと、時間がもったいないので、落ち込む変わりに単語を覚えようと思ったんですね。

フランス語の勉強方は色々あります。

参考書にスカイプレッスンの学習方が一般的ですが、
ビデオ教材というチョイスもあります。

CDの付いた文法書もいいですが、フルで初級の文法解説をビデオを通してみていくと
総合的に理解が進みます。

ビデオ学習のメリットは、ビデオの録画内容が、夜中も、お昼もいつも同じ笑顔で、先生の説明があることです。

その他の利点として、ビデオ学習がおすすめな点は、自分の空き時間でできることです。

ビデオ講座については、こちら↓の記事をどうぞ。


フランス語独学ならこのサイトがオススメ!ビデオのカリキュラムで進むのが早道


ビデオ教材は➡アンサンブルアンフランセで無料視聴の申し込みができます。

地道に行っていくしかありませんが、ビデオは、アプリと同様に毎日、
聞いて、
読んで、
音していく、

と頭に入ります。

文法は、1度聞いてもわからないことがあります。
表現は微妙ですが、2か月したら、それがわかるようになったりしているものです。
1度に全て理解しようせず、自分でストレスをかけないでやっていけば、
ある時点で、すうっとレベルが上がっているものですね。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フランス語学習