Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の会話力のつけ方は?書けてもスピーキングでつまずくときにすること

2020/09/20
フランス語学習 0
picture19.jpg


Sakurakoのフランス語勉強部屋は【フランスからのアンフォ】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語
にほんブログ村

フランス語のスピーキングがなかなか伸びていると感じない、「なぜフランス語は書けるのに、話すのが苦手なの?」と思って悩んでいる方もいるのはないでしょうか。


ヒアリング力もついて、相手のいうことは随分と分かってきた、しかし、いざ自分の番で(二人で話している場合)、
なかなか自分の言いたいことがタイミングよく、口から出てこない、

そんなこともありますね。


その他に、相手に言いたい事が伝わらないという場合には、それなりの理由があります。

言葉が口から上手く出てこないという以外にも、フランス語のロジックで、
文章構成が伝わっていないと、中々伝わりませんね。

言いたいことを言えた場合でも、相手からとんちんかんな答えが返ってきたら、どのような言いかたが悪かったのかを考えて、
次回はどういうようにするべきかを考えていければいいですね。

注意点をお話しできればと思います。


■合わせて読みたい

フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランス語独学のオススメ本5選!これでコツコツやってみよう!
フランス語を勉強するメリットってあるの?【苦行のススメ】の後の微笑み






フランス語の会話力のつけ方?フランス語が書けてもスピーキングでつまずく





フランス語のスピーキングができないのは何故?



ペラペラになるまでにやらないといけないことは沢山あります。

聞き取りが良くなったと感じれば、次はスピーキングですね。

自分の言いたいことをいう、
なぜか口から出てこない、

と、慣れるまで悩んでしまいます。

「なんで自分の言いたい事が伝わらないのだろう」と思えば、

そのロジックとして、
以下の4つをバランス良くレベルアップしていくことです。

どれも簡単ではないですが、




* 読む、

読むは、最終的には、新聞とかになると思います。
新聞を読むには、幅広い知識が前もってないと、よんでも意味がわかりません。
文法が上級レベルにできても、社会背景がわかってないと、理解はかなり難しいです。



* 話す、

話すは、短文のフランス語文を予め作っておいて、会話でいえるようにすれば、できます。
つまずいても、ゆっくりといえるように、機会がない場合は、壁に向かって言いましょう。
スマホで、自分の発音を録音してやっていけば、改善の余地が多いに、ありですので、独学でもできる部分が多いです。

* 聞く、

聞くも、ある程度、難しいです。
フランス人の友人との会話で、慣れている人なら、フレーズや、言い回し、単語も聞きなれていますので、聞き取りもできます。
しかし、すごくボキャブラリーが多い人の話しは理解が難しいです。
最初に書きました、新聞を読むのが難しいですと、いいましたが、読めないものは、聞いてもわかりません。



* 書く、

書くも、短い文章を書くことができれば、間違わないで、書けます。
フランス語で書きますので、母国語の日本語のように、流ちょうにはかけなくても、
文法上、間違わないでかければ良いですね。


引用先 https://www.sakurakofrbenkyouheya.xyz/e/nobiruhito




前回の記事の引用で、スピーキングについて、上のように書きました。

スピーキングで難しいのは、相手に自分の言うことをきちんと理解してもらうことです。

会話ですので、相手がいったことをまず理解でき、それに対して思っていることをいう、

そうすれば会話がスムーズにいきます。

スピーキングには、「読む、書く、聞く」にはない、

発音がネックになる場合があります。

それと、言い回し、また文章構成にも気をつけたいです。



■合わせて読みたい

【必見】フランス語の独学の勉強法!つまづき回避はプラニング次第
フランス語の勉強法!初心者ならオンライン学習がオススメな理由
フランス語の「接続法」の使い道は?覚えたらどんなベネフィット?




それで、会話力を上げるには、どうしたらいいのかについてです。

フランス語の会話力を上げる方法・フレーズの暗記



勉強方法は、コンテクストにあった単語を使い、言い回しを覚えいく作業をしますが、
勉強をしていくうえで、以下の動画では、スピーキングの上達の仕方の説明があります。

【オンライン学習サイトのアンサンブルアンフランセの動画、MIWA先生の説明】

フランス語のスピーキングで伸び悩みを感じている方の質問があり、
1分位のところから始まります。



この動画で質問されている方は、
●特にフランスが好きなわけではなく、好きな時代の絵画のあったことでフランスの言語を勉強している、
●フランス語学習は、熱狂的にはやっていない、
●読み書きは、どうにかなっても、スピーキングが上達しない、

質問には、スピーキングの上達は実践できないと、上達できないのではないかと疑問に思い始め、
話す機会がないと、ずっと上手くならないのではないかと不安に感じる。
元々、人と話すよりも、一人でいることが好きなので、そんな場合はどうしたらいいのか。

というものでした。

動画の返答の中で、MIWA先生が、
一人でもできる、スピーキング練習をしていくと言われています。

一人でいるのが好きな人は、むやみに、沢山の人といるのが得意でないというのはあります。
そうすれば、話す機会も少ないです。

であれば、本文付きのフランス語ビデオなどを聞いて、

●シャドーイング(音声を聞いて自分で繰り返す)をする、
●よさげなフレーズはピックアップして、発音に注意をして発音を繰り返す、

また、フレーズをまとめて、覚える以外にも、自分一人でも、
●exposé(口頭発表)をするかのように、言いたい事をまとめて、フランス語に発音して覚える、
●色々なシチュエーションを想定して、フランス語文を作り、発音して覚える、
●一人で本を読む以外に、発音して声に出し一人ごとを言う、

という作業をしていくと、色々なフレーズを多く頭の中にストックできて、発音していけば、いざの場合に実践できると
言われています。


確かに、自分で書いた文章をこまめに毎日発音していくと、言葉が口から出やすくなっていきます。


テキスト付きの吹込みビデオを聞いて、意味を調べ、理解して聞いてシャドーイングをして、自分で自分の発音を聞くことを、繰り返していば、いざのときには、結構通じるものですね。


スカイプレッスンを受講していれば、先生との会話は、断って録音して、フレーズを何度も聞いて、自分でもできなかった部分を繰り返して、発音していけば、スピーキングが上達すると感じます。

自分で書いた文章の、文字と発音の関係に気を付けて覚えていけば、
流暢に発音できるよになると、会話力がついてくるようになります。


フランス語の会話力を上げる方法・聞き返されないようにするには



フランス語の言い回しのロジックについては、相手に通じるようにするには、
●最初に相手に会う目的を伝える、

例えば、区役所に行って、○○の用紙を入手したい、とします。
そんなときは、○○の用紙はどこで入手でききますか?
と聞きます。
その時に、○○の用紙という単語は覚えていかないと、通じるないことが多いです。

●会話の話題を明確にする、

日本語であれば、「ええと、あのー」が多くても、その話題の単語までいきついて、
「○○さんのあの映画」などと、最終的には、固有名詞を言えば、なにについて、言いたいのはか
理解してもらえます。
ところが、外国語のフランス語では、○○の話題について話すには、その単語を伝えないと、
何について言っているのか、通じないと言っていいでしょう。

●話しの順番を要領よく伝え、

フランス語では、
ですので、
何故なら、
つまり、
結局は、

など、フランス語では、文章と文章のつなぎを入れていくと、通じやすくなります。
日本語であれば、これらの接続語がなくても通じますね。

●メインの本題をまず伝える、

フランス語では、前の文と次の文を続けて言っていくので、
つなぎの、接続語をいれていけば、通じやすくなります。

そおいえば、この間カフェでカップルが喧嘩をしている場面に遭遇した、
という状況を説明するとします。

その時には、何月何日かは、そう問題ではなく、
近所のカフェでおこったことでも、近所の単語を思い出せない場合は、

駅の近くでも、カフェとまず言い、
そこで、カップルがいた。
カップルが喧嘩していた。
男性が別れを告げた。
女性が泣き出した。
でも、男性は席を立った。

というように、文章は短く、知っている単語で言えます。
カフェの雰囲気が良く、内装など、話しの主題ではない部分に時間をかけずに、
主題のみをいうと、通じやすくなります。


それで、友達から、思っていた通りの反応があれば、上手く伝わった証拠ですね。
とんちんかんな反応だと、使うべき単語が正確に伝わっていなかったのかもしれません。

これも、慣れですので、短い文章の日記を書いて、毎日それを発音をして、
また、スカイプレッスンを受けて、自分から先生に言ってみるという
作業をしていけば、どんどん通じるようになります。

アンサンブルアンフランセのフランス語スカイプレッスン

文章はまず自分で書いて、それでレッスンで練習をするようにすると、
単語も覚えられていいと思います。

なにも準備をしないで、レッスンを受けてもなかなか、頭に入りません。

なにか、参考になることがあれば幸いです。




オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

スカイプレッスンで色々質問して単語を増やしていきましょう。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フランス語学習