Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「retentissant」 ってどんな意味?どんな使い方?

2021/01/23
フラ単語 0





フランス語で「ルトンティサン」という言い方があります。

「retentissant」と書きます。


あっという間の、響き渡る
といった意味です。

成功例などで、著しく成功した
などに使います。

歌手や俳優のデビューにも使われます。

合わせて使い方をみてみましょう。


「retentissant」の使い方




意味は、響き渡った、著しい、

の意味です。


「retentissant」と書きます。


例として、歌手デビューをしたシンガーに、
ミッシェル・ポルナレフがいました。

1960年代にデビューをしました。

曲の発売後、あっという間にシングルがヒットし、

立て続けに曲が売れたのです。

Débuts retentissants
訳➡響き渡ったデビュー


ポルナレフは、1966年に「 La Poupée qui fait non 」ノンノン人形を発表、
その後、 「Love Me, Please Love Me」プリーズラブミー、

と、ヒット曲をだし、
華麗なデビューをしたのです。

【ミッシェル・ポルナレフのノンノン人形↓】



そんな場合は、

Débuts retentissants
と言えます。

ニュアンスとしては、著しい広がるというイメージです。
注意をしたいのは、デビューは、複数形です。

succès retentissant
響き渡った成功、


成功があれば、失敗もあります。


échec retentissant
響き渡った失敗、

とも言います。
あまり嬉しくもないですが、
そんな場合もありますね。

成功や失敗は単数形で、
デビューは一般的に複数形です。


因みに、ポルナレフについては、Elodie先生のスカイプレッスンを受けました。
的確に質問に答えてくれ、物語の読み進めにはとてもいい先生だと思いました。

アンサンブルアンフランセのElodie講師は?物語の読み進めにいい先生

1時間のレッスンではできることが限れていますので、伝記を読むには何コマも必要ですが、好きな俳優の伝記などで、
フランス語でしかなけば、時間はかかりますが、レッスンで読み進めるのもいいと思います。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.





★アンサンブルアンフランセでは、いろいろな表現が勉強できます。

オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

スカイプレッスンで色々質問して単語を増やしましょう。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。


ビジネスフランス語が話せると就職できる?資格はどれが必要?

フランス語のオンライン講座を比較!あなたに適したサイトはどれ?
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語