Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「Saint-Glinglin」ってどんな意味?存在しない聖人ってどおいうこと?

2021/03/13
フラ単語 0



フランス語で「サン・グラングラン」という言い方があるそうで、

実は、今日初めて聞きました。


「Saint-Glinglin」と書き、聖人のことです。



意味は ない日です。

なぜこんな言い方をするのかが、面白いところです。


状況と使い方をみてみましょう。


「Saint-Glinglin 」の意味



意味は存在しない日、で

「la Saint-Glinglin」と書きます。

Saint-GlinglinのSaintは聖人です。

では、Glinglin聖人とはどんな聖人なのでしょうか。
実は、この聖人は存在しません。


1年365日、毎日どの日にも聖人の名前はあります。


大晦日のSylvestre 聖人の名前は知られています。
シルヴェストルですね。

大晦日のメニューといえば、

大晦日のメニュー
「le menu de la Sylvestre 大晦日のメニュー」


というように書かれていますが、

ですのが、グラングラン聖人はいませんので、

会話中に、このGlinglin聖人の名前を相手がだしてきたら、



* 回答をする、たとえばGlinglin聖人の日に、

とか、

* 500万円の借金を、たとえばGlinglin聖人の日まで返す

などの言い方をしたら、

そんな時は、相手は返す気がないということです。
あまり信憑性がないような場合にも使えるようです。


笑い話ですめばいいですね😊

自分からは使わなくても、聞き取りができるように
覚えておきたいですね。

氷の聖人については、↓こちらの記事を参照してください。
氷の聖人



以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.




オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

スカイプレッスンは、普段の疑問点など、まとめ質問できるいいチャンスです。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。


フランス語のオンライン講座3つを比較!あなたに適したサイトはどれ?

アンサンブルアンフランセの評判と口コミは?日本のフランス語学校がいい?
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語