Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「segur」 ってどういう意味? 「grenelle 」とは関係あり?

2020/08/19
フラ単語 0
picture14.jpg


フランス語の「Ségur」 はどういう意味?



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【フランスからのアンフォ】の中のフランス語学習に特化したブログです😊


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語
にほんブログ村

■合わせて読みたい

パリの物価は高いのか?渡仏前に知っておきたい消費税も含めた物価
パリに住むと生活費は1ヶ月いくらかかる?主要全項目を解説します!
フランス留学の費用ってどのくらい?1週間からでもできる短期留学は?






フランス語で「Ségur」という言い方があります。
セギュールと発音します。

コロナになってからよくききますね。

言い方は、
「Ségur de la santé 」

健康のセギュール、です。

この言い方は、医療関係者の給与アップを国が認めるのか、またどのくいまで上げるのかの、
政府と医療関係者の話しあいの場のことです。
いわゆる、Accordです。

Grenelleとは、どう違うのでしょうか。
使い方をまとめて見てみましょう。




「 Ségur de la santé」 はどんな意味?




Ségur は、厚生省がある道の名前です。
なぜ厚生省なのかは、コロナ危機があってから、医療関係者の超過密労働が始まり、関係者の勤務条件を改善するために、
厚働省で話し合いがあり、厚生省のある道の名前をとり、

「Ségur de la santé」健康のセギュールという言い方になりました。

労使協定の話し合いがあるときは、Grenelleグルネルの言い方をします。

この協定の由来は、

このような言い方は、歴史的に意味があり、
1968年には、外務省がある道のGrenelle通りから、

「Grenelle」は、グルネルと発音し、グルネル通りのことですが、話し合いのテーマに使います。

元々、このグルネルは、グルネル通りにある労働省で、1968年の5月25日から3日間に、
組合代表、
企業代表、
政府代表、

3者間で労使協定が締結されのです。
「Accords de Grenelle」

グルネル協定と言われています。
引用先 フランス語の「Grenelle」 ってどんな意味なの?フェミニサイドとはどんな関係が?



といわれますように、1968年は学生運動が広がり、労働省で、労使協定が結ばれました。

厚生省は、Ségur通りにあり、
「Ségur de la santé」健康のセギュールと、言われています。

話し合いは、5月から始まり、
7月に、医療関係者と、厚生省、組合が、今後の給与アップ、労働条件について、協定が行われました。





協議が行われ、
●l’ensemble des personnels des hôpitaux et des Ehpad publics, de l’ordre de 183 euros net mensuels.

病院と、施設勤務者は、だいたい月額に社会保険料引き後、183ユーロのサラリーアップと。


となったようです。
これには、派遣などは入っていないなど、全体の勤務者が満足するものでなかったようです。




以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.


★アンサンブルアンフランセでは、いろいろな表現が勉強できます。

オンラインスクールの
【アンサンブルアンフランセ】


アンサンブルフランセ13

不明点があればスカイプレッスンでクリアにできます。


スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。


フランス語のオンライン講座3つを比較!あなたに適したサイトはどれ?

アンサンブルアンフランセの評判と口コミは?日本のフランス語学校がいい?
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語