Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語の「接続法」の使い道は?覚えたらどんなベネフィット?

2020/07/27
フランス語学習 0
FRAMCAIS6.jpg


Sakurakoのフランス語勉強部屋は【フランスからのアンフォ】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語
にほんブログ村

フランス語を習い始めて、中級にもなってくると、「接続法」がでてきます。

「何これ?」と思ってしまうような、発音にしても、聞きなれないものって感じですよね。

ところが、人によってはこの接続法は案外会話でも使っています。

日常的に使われないと思う表現ですのが、自分が使わなくても、ですので、活用を覚えておかないと、聞き取りでつまづきますよね。

ですので、覚えてしまいたいことですが、やたらと接続法は敬遠されがちです。

しかし、考え方によっては、そうややこしいくもないです。
フランス文法には、以下の4つの法があり、



直説法、
条件法、
接続法、
命令法、

これら、4つしかありません。

この4つの内の1つが「接続法」です。

接続法は、全部覚えなくても、定形を覚えてしまえば、使えます。

格好をつけたいときにも、接続法を使うと「あの人できる!」と思われるますよ。

接続法の勉強の仕方をご紹介します。

■合わせて読みたい

フランス語のリスニングでつまずく?フランス語の聞き取り力を上げる方法
フランス語独学のゼロからの始め方は?初心者必読一通り話す・聞くができるまで
フランス語の会話力のつけ方?フランス語が書けてもスピーキングでつまずく

フランス語の「接続法」を覚えるベネフィット




 
いきなり接続法についてですが、面倒だし、覚えないといけないの?と思いますが、
ベネフィットありますよ。

思っている以上に接続法は使われいます。

発音も慣れないしで、敬遠したいです。


私も最初、動詞の活用をおぼえて、この活用って何?と思いました。

ところが、覚えてば、飛躍的にヒアリングが良くなり、意味がよ~くわかるようになります。

例を見てみましょう。

行くという動詞、「aller 」の活用の例です。
直説法の現在では、




【 aller 直説法現在 】
je vais
tu vas
il va
nous allons
vous allez
ils vont





【 aller 接続法現在 】

que j’aille
que tu ailles
qu’il aille
que nous allions
que vous alliez
qu’ils aillent


直説法と接続法を比較すると、形がずいぶんと変わっています。


その他の特徴は、Queを付けていることです。

直説法なら、Allerは
ジュ・ヴェ
です。

それが、接続法になると、

ク・ジィ・アイユ
となります。

へー、って感じで、動詞を覚えるにも、メモリー使いそう😢と思います。

例文を見てみましょう。

【アンサンブルアンフランセのYuko先生の接続法の説明↓】





普段何気なく使っているのも、接続法だといういい例ですね。

ビデオでも説明されていますが、接続法は、願望や、思いが文の中に入っています。

そんな願望の接続法ですが、直説法では、いえないかというと、言えます。

いくつか、例を見てみましょう。

①Il faut que j'y ailles.➡ Il faut y aller.
②Bien que il soit malade, il peut travailler ➡ IL est malade mais il peut travailler.
③J'ai peur qu'il échoue l'examen.➡ Je me demande s'il échoue son examen.
④IL vaut mieux que tu sois là ➡ Si tu es là, cela me rassure.
⑤A moins qu'il ne pleuve ce soir, il y aura le concert. ➡ S'il pleut ce soir, le concert n'aura pas lieu.

例を5つ挙げましたが、

言おうとおもえば、直説法でも言えます。

しかし、接続法の方が自然です。

それは、慣用句的で、フランス語的な表現だからです。


接続法はの定形文



先ほどの章でお伝えあしましたが、接続法は、願望などの表現です。


【EMOTION 感情】

avoir peur que
craindre que
regretter que

【OPINION / NÉCESSITÉ 意見や必要性】

Il vaut mieux que
C'est dommage que
Il faut que / Il ne faut pas que
Il est normal que

【DOUTE 疑問】

Il est douteux que
Il est impossible que
Il est peu probable que


以上みてきましたように、大体接続法は、決まった言い方です。

ですので、いつ使うの?にたいしての答えは、定形の文章のあと、「Que」のあとの文章に、
動詞の接続法を使うだけです。



難しいのは、動詞の活用と、発音です。

発音がちょっと面倒です。しかし、覚えてしまえば、なんということはありません。

アンサンブルアンフランセのビデオ講座の接続法




体系的に接続法を覚えるには、参考書よりは➡ビデオ講座が簡単です。

説明がコンプリートで例文を覚えると、使い回しが、体系的に理解できます。


【アンサンブルアンフランセのビデオ講座・接続法 】

接続法は、そう覚えることは、多くはないのですが、用例を覚えるしまえば、あとは楽です。

ビデオで動詞の発音も一緒覚えて、使えるようになりましょう。



文法上級者セット1 (65課~69課)

文法65課 接続法1 (formation et expressions typiques)      収録時間107分
文法66課 接続法2 (verbes subjectifs)                収録時間107分
文法67課 接続法3 (structures impersonnelles)          収録時間89分
文法68課 接続法4 (subjonctif présent et passé)          収録時間81分
文法69課 接続法5 (conjonctions subjonctives)          収録時間108分



接続法は、全部で大体500分です。
週に1課づつ聞いても、大体一か月で覚えられます。

私的には、文学的な単純過去などの表現よりは、接続法は日常的にでてくる実用的で、ヒアリングにも有効ですし、なにせ、自分の表現を劇的に変えられるますので、接続法は覚えてしまいたいと思います。


ビデオ講座は、今サイトリニューアル価格となっています。

アンサンブルアンフランセのビデオ講座を視聴トライアル

リニューアル価格がいつまでかは、事務局にお問い合わせください。

無料視聴期間は2週間です。

動詞の活用は地道にやっていくしかありません。

頑張りましょう😊


【オンラインのビデオ学習】
フランス語独学ならこのサイトがオススメ!ビデオのカリキュラムで進むのが早道


アンサンブルフランセ13
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フランス語学習