Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語で梅雨のことは何というの?ちなみにフランスでは梅雨はありません

2020/06/23
フラ単語 0
francais24.jpg


フランス語で梅雨のことは何というの?



Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊



■合わせて読みたい

フランスの国家最優秀職人(Meilleur ouvrier de France)とは?タイトル取得でどう変わる?
フランス語の「recompense 」 レコンポンスとは?受賞式との関係は?
フランス語の「Oscars」 ってどういう意味? ロマン・ポランスキーはオスカーから除名?




フランス語で梅雨のことはなんというのでしょうか。



梅雨は大体6月の中から約ひと月つづきますね。

フランスでは梅雨はありせんので、梅雨のことを季節で言い表しています。

雨の季節と言い表します。


日本でも北海道では梅雨がありませし、いくつかの特定の地域だけにあります。



アンサンブルアンフランセのRémy先生が、梅雨のことを、雨の季節と言われています。



【アンサンブルアンフランセ 講師のRémy先生の説明】



梅雨=雨の季節と説明されており、

梅雨が雨の季節で、「la saison des pluies」

フルセンテンスで、梅雨の季節に入ったという表現です。


梅雨に入るの「入る」、は、往来発着の動詞ですので、

助詞のêtre を使い、雨の季節に入ったと言われてます。

「Nous sommes entrés dans la saison des pluies」ということです。

また、梅雨の月は6月ですので、それを6月は梅雨の季節であるともいえます。

Yasuko先生が説明されています。


【アンサンブルアンフランセ 講師のYasuko先生の説明】




6月が梅雨の季節と言われています。
En juin, c 'est la saison des pluies.

となります。
では7月はなんというのでしょうか。

★アンサンブルアンフランセでは、いろいろな表現が学べます。

スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
フラ単語